Blog    大河原愛 制作日記

2019/6/5

2019年の大河原愛新宿高島屋での個展、ご好評のうちに、無事に終了しました〜。

おかげさまで作品はほぼ完売…..。

30点程度を展示しますとプレスリリースで告知して、30点以上が売約となりました...

本当に奇跡としか言いようがない...涙。私にとっては目から鱗なほどの点数が売約となりました。そしてたくさんの方に、たくさんの励ましをいただきまして...、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

今回の個展の後半は、銀座の画廊をよく見に回られる方から、この展示を見ておいた方がいい、と聞いて来ましたとか...、SNSで〇〇さんが素晴らしい展示と書いていたから見にきました、とか...
アートフェア東京で見て記憶に残っていて来ました!とおっしゃってくださる方がとても多くて...光栄すぎて信じられずで....びっくりしました。

 

 

個展にお越し下さった皆様、作品を気に入ってくださった皆様に、心より、心より感謝御礼申し上げます...。

大河原は今後ももっともっと良い作品が描いていけるように、これからもがんばります。展示風景写真は忙しさが落ち着いたらもう少し追加していきます。^^

たくさんの皆様に、たくさんの感謝の気持ちを込めまして...


2019/ 5/30

個展の展示風景写真など下記のfacebookページに載せておりますのでご覧ください
https://www.facebook.com/ai.ohkawara

個展1週目の売れた点数がとても多かったので2週目はもはやあんまり売れないのではと思っていたら
2週目も毎日のように2点から5点くらい売れて……毎日本当に信じられない…

そして闇や暗さだけじゃなくて光やエネルギーを感じるってみなさん言ってくださる..

これまでも批判覚悟で新しい作風のものを作ってみたり、
誰にもこの絵を理解されないんじゃないか、っていう不安は常に少し抱きながらも、

たとえ誰に批判されることがあっても、自分独自の世界観を切り開くんだ!って常に思いながら..、それでも時に心折れそうになりつつも諦めずに制作してきたから…

こんな風に、絵を買うという段階までもの応援や励ましをもらったり、温かい言葉をかけてもらったり...みなさんと絵を通して感覚を共有できるなんて...予想すらしてなかった…

きっと私が感じている社会的な抑圧や不安や孤独感とか...みんな全ての人が同じように様々な感情を抱えつつも、前向きに生きようと努めているから、それを絵を通して一緒に共有できているのかもしれないと思いました。きっと全ての人が同じ仲間なんじゃないかと、また改めて思いました…
励ましてくださるみなさま、本当に本当に心からありがとうございました。個展は今日を入れて残り4日です。


 

2019/4/1

誰かに作品を否定されることよりも、自分で何を描いたらいいのか、道がわからなくなる時が一番辛い


2019/3/3
自分の創作に自信をなくして、何をどう描いて良いのか、何のために描いてるのかもわからずにいた時、
「あなたにしか、描けない絵がある。」と言ってくれた人がいた。
きっとどんな人にも、その人にしか描けない絵がある、その人にしかできない仕事があり、役目がある。


 

 

2019/ 3/1

思いを絵にすることは、難しい。

内なる言葉に向かい合い、それを色と形に変換する。

 

そのあとは、展示という現実の場でそれを人目にさらけ出す。

 

勇気のいる作業。


2019/2/1

ある時、私が描いたとある絵を、好きだと言ってくれた人とは、
その絵の色や形を通して、心の奥にある感覚の水脈で繋がれたから、そう言ってもらえるのかもしれない


2019 1/31

 



絵で何かを伝える技術は、美大でも美術学校でも身につけられない。

 

取り繕えば、必ず見る人にはそれが伝わってしまう。

全てをさらけ出す覚悟がないと、伝わらない。

だから、絵の上で叫ぶようにしている。


2018/12/18 
ジェームズ・タレルの言葉(引用):「私が本当にやりたいことは、人々を知覚の本質に対面させること。向き合わせることだ。私は、答えを用意しない。ただ問うだけだ」


2018/12/13

ブログを始めてみました。心の中に孤独や孤立を感じている人々(私にとって仲間である方々)にも少しでも言葉を届けられたら幸いです。
下記のfacebookでも情報を発信していきます
https://www.facebook.com/ai.ohkawara


**このブログは、引用と記載したところ以外は、大河原愛の言葉です。文章の無断転用を禁ず